スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生活の思い出

宮本ゼミ1期生として2年間ひたむきに頑張ってきましたが、もう卒業を目前に控えています。本日の担当者は権(グォン)です。
まだぜんぜん実感していないですが、本当に卒業なんですね。
みやもーど最後のテーマ『大学生活を振り返って』ということで、自分の4年間を振り返ってもっとも記録すべき(?)思い出をいくつか語らせていただきたいと思います。

僕の4年間の大学生活の最初の思い出は入学直後にさかのぼります。
留学生として日本の学生の間に混じって授業を受けるわけだったんですが(大学に入る前に日本語学校で中国やインド、ウクライナなどさまざまな国の学生と一緒に「日本語を」勉強したことはあるけど)、自分だけが外国人で、いわば日本語のネイティブスピーカーと共に「日本語で」勉強するということは、まったく別次元の話だということにすぐ気づかされました。
しかし周りの仲間はみんなやさしくて面白い人ばかりだったので、案外すぐ仲良くなって馴染むことができたかな、と今は思います。
そしてさすがは国際日本学部、映画狂である僕は常にマニアックな会話ができる相手を捜し求めているんですが、そんな友達もすぐ見つかり、厳しい留学生活と勉学の日々の中でも大学は僕にとってこれ以上ないほど楽しいものになってきました。

もうひとつの大事な思い出はサークル活動です。
はじめは留学生だし、歳も結構いってるし、気まずくてどんなサークルに入ったらいいかわからず、あきらめていましたが1年の秋ごろ当時大学に存在しなかったアカペラサークルを立ち上げたい有志がいるとの情報を聞き、友達と二人で訪ねました。
かくかくしかじかサークルはでき、最初10人もいなかった部員が3年経った今は100人を超える巨大団体になってしまいました。その間僕は『ハモネプ』というアカペラ競演番組の予選にも2回参加し(もちろん両方とも予選落ち)、サークル内の唯一の外国人として自分なりに頑張ってきたと思います。4年になってから忙しくなり現在はほとんど参加はしていませんが、学部も1期生、ゼミも1期生、サークルも1期生という、明治大学の歴史に大きな足跡を残せた(?)大切な思い出のひとつです。

そして何といっても宮本ゼミで過ごした2年余りが僕の大学生活におけるもっとも重要な出来事であり、自分の人生においても転機となれるような経験だったと思います。
もうすぐ卒業ですが、このゼミで学んだいろんなことのおかげでようやく勉強の仕方がわかってきたし、このゼミに入ったおかげで大切な仲間たちとも出会えました。知識の共有、心の疎通、無残な飲み、、こんなに濃密な2年は自分の人生の中でなかったといっても過言ではありません。大学4年間、僕が関東を離れる旅に出かけたのは、3年の仙台旅行と4年の卒業旅行だけでした。
今のこの脳みそを持ったまま1年生に戻りたいと何度思ったかわからないくらい宮本ゼミで得たものは多いと僕自身思います。
しかしすぎた時間を惜しんでもしょうがないでしょう。これから社会人として、新しい記録すべき思い出を作るために一歩踏み出したいと思います。

大学、そして宮本ゼミで過ごした時間は確実にその糧となりました。
スポンサーサイト

ホラーコミックから見る、現代人の恐怖観(仮)

松田君からバトンを受けました樋口です。普段は「ひぐたぐコラム」で好き勝手に阿呆なことばかり書き散らかしているわけですが、今日は真面目に自分の卒業論文について書いてみたいと思います。

私の卒業論文は『ホラーコミックから見る、現代人の恐怖観(仮)』と題し、最近、発表されたホラーコミックに描かれている怪異を分析し、現代人が何に恐怖を感じ、また何故それに恐怖を感じるのかを研究しています。現時点では定期的に発売されている『ちゃおホラーコミックス』シリーズを2011年から2006年分の15冊、計104話を読み、また1993年に講談社から発売された『座敷女』、2010年にスクエア・エニックスから発売された『イビツ』の一巻・二巻を読み終え、それぞれのコミックに描かれている怪異を分析しているところです。またこれから先は、夏にコンビニなどで売られている実録系のホラーコミックも読み進めていく予定です。


ざっと現状を報告しましたが、しかしよく見てください。タイトルに(仮)がついています。なぜ(仮)となっているのか。
このブログはゼミ生以外にも見ることができるようになっており、もしかしたら卒業論文制作を控えて、テーマ決めなどに頭を悩ましている、どこかの大学3年生が見ているかもしれません。または私と同じように、卒論を書かなくてはいけないのにちっとも進んでおらず、ついでに卒業の単位もピンチ!みたいな4年生も読んでいるかもしれません。


そこで今までのように卒業論文の進捗状況だけではなく、私がこの1年間、卒業論文にどのように取り組み、その結果、なんで論文締め切り間近のこの時期に未だにタイトルに(仮)があるのかまで、お話したいと思います。


卒業論文のテーマを決めたのはだいたい去年の今頃、3年生の冬にはテーマを決め、今年の1月(4年生に上がる前)にはゼミ生の前でテーマの発表会をしました。
その時の私の卒業論文のタイトルは「妖怪学」と題して、漠然と妖怪を研究しようと思っていました。それから今年の9月にあった2回目の卒論発表会まで、私は「妖怪」に関する文献を読み漁り、論文で何を論じようか焦点もハッキリ見えてきていました。


しかし今年の9月中旬にあった2回目の発表での先生からのご指摘、そして私自身も気づいたのですが、その時までに私が書いていた論文は、今まで読んできた他の人の「妖怪」に関する論文をまとめただけであり、論文を書くにあたって一番大切な「オリジナリティ」の部分が全くなかったのです。そのことを自分でも分かった私は、テーマ設定の甘さ、そして自分自身の甘さに、悔しくて下唇を強く噛みました。
発表会が終わった夜、「俺が今までやってきたことは、あんまり意味がなかったのかなぁ・・・」と、ボンヤリと思ったことを今でもよく覚えています。


そんな重大な欠点に気づいた発表会の後、私はテーマを「妖怪」から別のモノに変えることを決め、イチから論文のネタ探しを始めました。しかし論文完成までに残された時間はあまりにも少なく、また今まで自分が研究してきたものの全てを無かったものにしてしまうのは寂しかったので、「妖怪的なもの」、「妖怪っぽいことを」を研究しようと思いました。そこから何回かの紆余曲折を経て、冒頭に書いた『ホラーコミックから見る、現代人の恐怖観(仮)』となったのです。


そうして現在では、国会図書館で司書の人に気味悪がられながら、ホラー漫画を借りて読みまくっているわけですが、正直なことを言うと、自分でもこの論文の向かう方向がまだ見えていないのです。ホラーコミックに描かれている怪異を分析することは決まりました。しかしそこから何が見えてくるのか、何が分かるのか、まだ自分でもハッキリしていないのです。論文に大切な「背骨の部分」である、『テーマ』がグラグラな状態なのです。だからタイトルに(仮)があるのですね。


自分の経験をもとに、今から卒業論文を書く人にアドバイスさせてもらうならば、それは『決して揺らがない、芯の通ったテーマを先に決める』ということです。確固たるテーマが決まってしまえば、卒論はもう書けたも同然です。


それは言いすぎですね。すいません。
他にもまだ言いたいことことたくさんあるのですが、だいぶ長くなってしまったのでこれで終わりにさせてもらいます。実はこの「卒論ブログ」は1人2回書くことになっており、私もまた12月9日にブログを書きます。
その時までに、いい報告ができるように、頑張ります。


長々と書かせいてもらいましたが、ありがとうございました。
では、また。

日本のメディアにおけるバスケットボール

こんばんは。第9回担当の松田です。よろしくお願いします。


僕の卒論のテーマは「日本のメディアにおけるバスケットボール」というものです。タイトルが前回までは「バスケットボールのメディアへの露出はどの程度か?」だったのですが、先生に相談して少しカッコイイものにしてみました。やっていることは別に変わっていません。もともとバスケが大好きなのですが、どうもテレビや新聞で見かける機会が少ないと感じていました。そこで、これまで日本ではバスケに関するテレビ番組や新聞記事がどれくらい扱われてきたのか、また新聞や雑誌の記事の内容からどのように捉えられてきたのかを調べています。

 これまでやってきたことは、テーマ通りバスケがどれくらいメディアで取り上げられてきたかということを知るために『ザテレビジョン』を1980年代から現在のものまで見て、バスケ関連の番組がどれくらいあって、その数に変化があるかどうかを調べました。地上波だけではなく、BS放送や、スカパーでも調べてみると、それぞれ時代ごとに番組の数が異なっているということがわかってきました。また、バスケ専門の雑誌である『月刊バスケットボール』、『DUNK SHOOT』、『HOOP!』などの発行部数を調べ、その増減から日本でのバスケブームがあった時期やあまり人気がなかった時期などをだいたいつかむことができました。さらに他の球技スポーツの主な専門雑誌の発行部数や雑誌数なども調べることで、他のスポーツとの比較もできたと思います。

 現在は新聞でどれくらい取り上げられてきたのかを知るために、読売新聞と朝日新聞の2紙の縮刷版を使って1980年~2010年までを5年ごとに記事の数や、記事で扱われている話題(例えば国内の大会、アジア選手権などの国際的なもの、NBA関連)を調べ、記事の増減や話題の変化などについて調べています。これにより、まず新聞ごとにバスケに関して取り上げている数や内容が違うのかということもわかったし、同じ話題のものでもそのことに対して肯定的な記事なのか、それとも否定的な記事なのかという違いも見えてきました。ここからも例えばNBAに関する記事は1990年までどちらの新聞にもほとんど掲載されていなかったが、1995年以降は急激に増加しているといった変化を見つけることができました。他にも記事の内容からその時期ごとのバスケ事情なんかもわかってきました。

 今後は、先生に相談したときに教えていただいた『月刊バスケットボール』などの雑誌の表紙を飾っている人達の日本人・外国人の数やその比率を調べてみようと思っています。これを調べることでその時期ごとに日本で注目されていたのは日本のバスケなのか、それとも海外のバスケなのかがわかるのではないかと考えています。他にも『SLAM DUNK』に代表されるバスケ漫画の数やその連載時期を調べ、また他のスポーツ漫画の数と比較することで、そこからも他のスポーツとバスケの人気の比較ができると思います。

 卒論提出まであと一ヶ月!やらなければならいことが山積みです。クリスマスは・・・。でも自分でできる限りのことはやって、満足できるものにしたいです。

次回はコラム書いてる樋口君が登場しますよ!お楽しみに!

ジブリの猫たち

どうも、こんにちは。第4回のゼミ卒論日記担当者の三羽です。内容としてはまたもや先の3人とは違うものになりますが、ゼミ生の男子トップバッターとして頑張りますんで、どうかよろしくお願いします。

私の卒論テーマは「ジブリ作品の猫キャラクター」についてです。今年の9月の合宿まではテーマを「ジブリ作品の動物キャラクターの空間表現」としていましたが、合宿以降大きく方向転換し、ジブリ作品の猫をモチーフにしたキャラクターがアニメーションの中でどのような役割を果たし、主人公にどのような影響を与えているかをジブリ作品内の他の動物キャラクター、他の作品の猫キャラクターとの比較を通して調べています。ちなみに原作とアニメでキャラクター設定が大きく異なっている作品も多いので、原作のあるものはアニメーションを中心に考えています。

前述のとおり当初は「空間表現」について調べようと考えていたのですが、自分自身がアニメーションの「空間表現」について理解していなかったこともあり、どのキャラクターに絞って研究を進めていっていいかも9月までわからない状態でした。先行研究もジブリ作品の人間のキャラクター論について書かれているものは多く存在したのですが、動物キャラクターについて書かれているものを見つけることができずかなり悩んでいました。しかし、『ジブリの猫たち』という2002年公開のジブリ映画『猫の恩返し』のストーリーを中心に、ジブリ作品の猫キャラたちの紹介、はたまた東小金井にあるスタジオジブリの周辺に現れる猫たちのショット集を集めたビジュアル・ブックを発見しました。このような本が出版されるということはジブリ作品内で「猫」がモチーフになる頻度が高く、なおかつ人気・注目も高いのではないかと考え、動物キャラクター全般から猫キャラクターに変更することにしました。

現在のところ劇場用のジブリ作品をすべて鑑賞し、同時に『スタジオジブリ作品関連資料集』のパンフレットの記事を使って、どのような動物がメインキャラクターとして登場しているかを調べ、種類を分類し、比較対象になりうるキャラクターはどのぐらい存在するのかを見ています。並行して、他の作品に登場する猫キャラクターで比較対象になるキャラクターも見ています。今は『セーラームーン』のルナについて調べていますが、中学生の美少女と大学生のイケメンの恋愛を冷やかかつ羨ましく見ています。
正直、現在やっている作業自体が夏に終了していなければいけない事なのでむちゃくちゃ焦っています。「『セーラームーン』見ながらニヤニヤしとってええんか」ってホンマに自分で思います(汗)。比較しなければいけないのに比較対象を選んでいる段階なので・・・

今後はもちろん対象のアニメーションの比較が中心になってきますが、文にまとめること、わかりやすく発表することも考慮に入れて、各対象作品のどの部分がわかりやすく映像で比較したら面白くなるか、自分自身にとってもわかりやすくなるかを考えていきたいと思っています。発表苦手なんで・・・

まだまだ見なければいけない作品、特に他の作品が山ほどあることを書いていて実感しました。ここから1か月が勝負ですよ。自分。
でも、できれば前回のゼミの後みたいに息抜きで飲み会とかやりたいです。そういう場で「卒論やばい~」「魚にはまぶたある~」とか言ってストレス発散しようね。

では、更新4番手の三羽でした。明日もお楽しみに\(^o^)/


山中湖だよ!夏休み卒論合宿♪

こんにちはー!
ブログはお久しぶりの宮本ゼミーは一期生にぎやか係たぐはるでーす!!

2カ月前、夏休みのお話になりますが、卒論合宿に行ってきたのでご報告させていただきまーす\(^o^)/

現地集合現地解散がお決まりとなりつつあるうちですが、今回は新宿で集合。合宿の地は、ここからバスに乗って2時間半の山中湖
という訳で、途中で我が和泉校舎が見えたり、富士急ハイランドに止まったりのバスでれっつらごー!私はさとちゃん(須賀さん)と隣だったので、2人で山中湖周辺の美味しそうなごはん屋さん探してました笑
あっという間かなーと思ったら意外と時間がかかり、終点山中湖で降りたのは私達だけ。

こっからまずはお昼ごはんーという訳でターミナル近くのこちらでランチ。
1_20111114171733.jpg

富士山キッチンさん!
大人数でおしかけたので、テラスのような所に通してもらい、おひさま感もネイチャー感も満腹感も全部味わうことが出来ましたー
2_20111114171732.jpg

いやー今写真見ても美味しそう!外にはハンモックで食べるスペースもあり。私はそっちにもなかなか心惹かれました。

お腹いっぱいになった後は、やたら陽気なおばちゃんのとこで飲み物やらお菓子やら買い込んで、宿舎へー!(結局会議室が飲食禁止だったので、プレゼン中は食べれなかったけど泣)

\どーん!/
3_20111114171732.jpg
明治大学山中湖セミナーハウス
格安でお泊りできる合宿の味方です。

なんだかバス乗って着いて、湖の近くでごはん食べて、でまぁまぁ疲れた感が出てるみんなですが、こっからが本番だよ!!!

そう、今日は合宿じゃなくて卒論合宿
卒論の中間報告を仲間達に発表。ゼミの仲間達の厳しい目に自分の研究を晒し、お互い高めあおうという合宿なのです!
はっきり言ってみんな緊張して、逃げたい気持ち・・・ですが発表スタート!

4_20111114171731.jpg

こんな順番で、1人ずつ自分の進度を発表していきます。
資料の収集はどれくらいすすんでるか、計画発表時にたてた仮説は証明できそうか、できないとしたらどういう仮説に変えられそうか。
そんなこんなを15分プレゼン、その後に15分他のみんなからの質問だったり、こうした方がいいんじゃない?って意見だったりをもらう時間があります。その後に先生の鋭いコメントが入り、青年達は自分の未熟さに青ざめ、30分間の舞台を降りるのです…
という訳で、少しの休憩と夜ご飯を挟む以外はぶっ続けだったのですが、みんなの発表、私は聞いてて楽しかったです。本当にゼミでの決められたテーマだったり、アプローチがないので、みんなそれぞれのテーマでそれぞれの手法で研究を進めて行ってます。その多様さがやっぱ面白いなー、と。発表を聞いてるだけで、自分の全く知らない分野についての知識?が増えたりもするし。

とりあえずごはん前に6人やって、ディナータイム。
5_20111114171727.jpg

期待してなかったので美味しくてびっくりしました。ごめんなさい、美味しかったです期待してなかったけど。

ご飯後にぶっ続けに4人。ここでは眠たそうな人もちらほら…
ちなみに順番決めの際に、政治的な何かがはたらいて大トリは私でした!自分の番まで長かったです…

おわったー!ってなった後はみんなお風呂に入って一つのお部屋に集まり飲み会!
なんか私すごく眠たかったのもあってあんまこの辺り覚えてないです。ごめんなさい。
一回みんなでコンビニに行った時に、私とちょーなんとじゅんで山中湖に侵入しようとしたのに誰も心配してくれなくて寂しかったです。その孤独はしっかり憶えてます。

私はたぶん2時くらいに寝ちゃったのですが、起きてて明け方朝日が昇るのを見に行った組もいたみたいですー
次の日に「朝日見に行ったら、白鳥が超近くにきて、俺のカメラのレンズくわえて喉の写真が撮れた」みたいな事言ってた人が居たので、「こいつ何言ってんだ」って馬鹿にしてたのですが…
嘘じゃなった事が後ほどわかります…

朝食バイキングはこれ!
6_20111114171726.jpg

またまたクオリティが高くてらっしゃる。

一晩お世話になったセミナーハウスを後にした後、発表終わってあとは遊ぶだけ!という訳で山中湖へ!
7_20111114171811.jpg

めちゃめちゃいい天気!なのに何故か富士山のところにだけ雲がいて御目見得にならない( ; ; )まぁそのぶん湖を楽しむとします!
みんなで2班にわかれ、スワンボートに乗りました。スワンボートになんて乗ったの久々だったのですが、めっちゃ揺れる、そして漕ぐのすごい重い!
8_20111114171811.jpg

でも湖面を間近に感じられてとっても気持ちいいー
2つのスワンで競争とかしてたら、スワン(本物)めっちゃ集まってくる!そしてついてくる!

エサもらえると思ってるらしく、人間に対してグイグイくるのでびっくりしてちょっと引き気味になる人間。だってこんなに顔つっこんでくるんだもん!!!!
9_20111114171810.jpg


スワン達を引き連れつつ、30分の湖面ゆらゆらは終了。
その後はお土産買って、ハンバーガーショップでランチしつつ、ここで現地解散!



ゼミの夏の思い出がまたひとつ増えた旅行でした!



10_20111114171810.jpg
(現地解散によって引き裂かれたロミオとジュリエット)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。