スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第15回】生の素晴らしさを教えてくれた街


どうも、みんなを裏切らない、宮本ゼミ1期生飲み長こと元気担当たぐはるです!!
さて、月よりお送りしてきたテーマ「私の東京」も今回の私の回で締めくくりとなります。
皆さま、いかかでしたでしょうか?
前回のリレーコラムと違い、テーマが同じぶん、より「色」が出たんじゃないかな、なんて思ったり、思わなかったり。
では最後の「私の東京」行ってみよ-!

--------------------------------------------------------------------------


さて、たぐはるの東京ですが、「生の素晴らしさを教えてくれた街」というタイトルをつけてみました。
私の生まれは横浜、そして育ちも横浜。21年間、横浜が私を育ててきてくれました。
現在住んでいる場所も、郊外であるのですが最寄り駅からは横浜駅までは電車で20分というアクセス。
そんな、横浜に住んでいて思うこと。はっきり、言いましょう。
「東京に行かなくても十分揃います。」

そうなんです、もちろん全く色の違う都市ではありますが、人混みもショッピングも似たようなものが味わえてしまう。
東京には行こうと思えば、すっと出かけられるし、逆に言うと別に横浜を全く出なくても大丈夫。
そんな街に私は住んでいました。きっと、地方に住んでいる子よりは東京への「憧れ度」みたいなものは低いと思います。

それなのに、私は未だに東京に強い憧れのような、特別な印象を持ちます。それは、何故なのか。

私は小学校高学年くらいから、お笑いが好きになりました。
当時は「baseよしもと」という大阪の劇場がとても盛り上がっていて、私もそこに所属する芸人さんが好きでした。
とはいっても、まだまだお笑いブームは初期。彼らを見れるメディアはまだまだとても少ないものでした。
特に関東人の私は、関西ローカルの番組には若手芸人に焦点をあてた番組が数多くあると知り、大阪に憧れを抱き、自分が何故大阪に生まれなかったのかと悔やみました。
大げさだと思うかもしれませんが、本当にこの時は「大阪に引っ越したい」が口癖でした。
「お笑いの聖地」大阪に、お笑い大好きな私は憧れてやまなかったのです。

そして時は経って、中学1年生の春休み、初めて新宿の「ルミネtheよしもと」へ行きました。
見に行く目的は、その時大ハマリしていた、中川家とハリガネロック。2組とも大阪から東京へ拠点を変えて間もない頃でした。
2時間で10組くらいがネタを披露する舞台。
初めての「寄席」形式のライブに私は大きな衝撃を受けました。

もちろん、ハリガネロックも中川家も面白かった。だけど一番面白い、と感じたのはその時興味が全くなかった、ほっしゃん。さんと千原浩史(現・ジュニア)さん、カリカさんでした。
みなさん、今でこそテレビに出ずっぱりですが、当時、東京のお笑いを盛り上げようと舞台で頑張ってらっしゃる時でした。
初めて気づきました。「あぁ、東京にもこんな面白い人が居るんだ。」
ほっしゃん。さんとジュニアさんは、関西出身ではありましたが、東京所属の人たちに私が目を向けるようになったのはこれがきっかけでした。
それから、私はルミネなど東京の劇場に月1で通うようになりました。
もちろん、お笑いが見たくて行くのだけれど、今まで知らなかった芸人さんをどんどん知っていくって言うのも大きな楽しみの一つでした。

確かにここは「聖地」じゃないかもしれないけど、東京にも面白い人たちはたくさんいる。それを肌で感じたのが「生」で観た舞台でした。
この新宿という場所は、バイトして月数回しか来れなかった高校生の時から、毎日通るようになってしまった今でも、
「お笑いライブ」というものを感じさせる、ワクワクさせてくれる場所なのです。


さて、私にはもうひとつ「ここにくるとワクワクする」という街があります、それは水道橋。
いえいえ、ジャイアンツファンではありません。毎年年末に東京ドームで行われるKinKi Kidsのコンサートが、私にとっての水道橋をワクワクさせる街に変えました。
私がKinKiを好きになったのは5歳から。親の影響でした。しかし上記のように、中高生の時はお笑いに大ハマリしたため、KinKi Kidsから遠ざかりました。

ですが、高1の時に母の友達にチケットをたまたま譲ってもらい、コンサートに行きました。
そして、東京ドームの規模の大きさ、ペンライトの海、そして生で聞くKinKi Kidsの歌声に大きく感動させられたのです。
この当時はっきりいって「アイドルなんてくだらなーい!若手お笑いみたいなマイナーなものこそすごいんだ!」志向でした。恥ずかしながら。
しかしこのコンサートによってその考えは、大きく覆され、やっぱりこの人達が大好きなんだな、と気づかされました。
それ以来、年末のコンサートは毎年かかさずに行っています。
相変わらず、好きなものはどんどん増えていくのでテレビとか雑誌だとかは追っかけ忘れることが多いのですが、コンサートとだけは毎年観ていたいな、と思います。
そんなこんなで、例えコンサート以外の理由で水道橋に来ても、なんとなく「ワクワク」してしまうのです。


買い物や、遊びは地元でも大いに楽しめます。
でも、大好きな人たちのパフォーマンスは東京でしかみることが出来ない。
そんな、「生のステージの凄さ・楽しさ」を教えてくれた街、それが私の東京です。


--------------------------------------------------------------------------

さて、今回で「私の東京」というテーマは終了でございます!
とはいえ、まだまだ宮本ゼミも、ゼミブログもたくさん動く予定ですので、これからも目を離さないようお願いします!
スポンサーサイト

[第14回] 東京のお婆さん達

 こんばんは。第14回担当の王かせいです。

 私は母国の中国以外の所に旅行に行ったことがありませんでしたので、東京は私にとって初めての外国でした。日本人に対するイメージと言ったら、あの鼻の下に四角いおひげがある日本軍人のイメージが最初に頭の中に浮かんでいました(笑)。だけど、実際に東京に来てみて、印象が変わったことや驚いたことはいくつかもありました。今回は東京のお婆さん達を取り上げて、今までの経験を振り返って見ながら、東京で受けたカルチャーショックを紹介したいと思います。

 よろしくお願いします。

 まずですが、私が東京に来て日本人の男よりは、お婆さん達の方が迫力を感じています。批判的に厳しく見るのではなく、中国のお婆さん達と比較して、面白い所を取り上げたいと思っています。
おばあさん


 では、外見からみましょう。中国では髪を染めるのは若者の権利というか、年寄りの方々の中では髪を明るく染める方はなかなか見かけません。一方、東京のお婆さん達は紫や緑など、明るい色を平気で染める人が多いようです。綺麗な黒髪だったら、理解できますが、紫かと思うとちょっと驚きました。でも、それって、日本のお婆さん達のおしゃれかもしれないと考えたら、日本の独特なファッション文化として、すこし受け入れられるようになりました。

 そして、中身についてですが、東京のお婆さん達はとにかく明るくて元気な方が多いようだと感じました。ある日、偶然にテレビ番組を見ていたら、一人のお婆さんが映っていました。サンバイザーの利用についてのインタビューなんですが、「なんでサンバイザーをしているんですか」とレポーターの人が質問したら、そのお婆さんは「あのね、男の目線が熱いからよ。」という風に答えました。予想していた「紫外線防止」のような答えは全く出てこなくて、お婆さんは自分の美しさをテレビで猛アピールしたのです。本当に爆笑しながら、お婆さんのインタビューを見ていました。

 最後の点ですが、東京のお婆さん達の生活リズムが気になりました。私のお婆ちゃんは五十代後半で、麻雀が趣味です。生活リズムは、毎日5時起きで夜8時にはもう寝ます。中国では典型的な年寄りの生活リズムです。でも、私の近所にいる日本人のお婆さんは昼頃に起きて、夜12時に寝るのが普通です。そして、趣味はハイキングとジャム作りらしい。なんて素敵な生活を送っているんだろうとうらやましく思っています。生活の環境が違うことで、そんなに生活が変わるものだなと感じました。

 最近、東京のお婆さんカルチャーを観察することもマイブームの一つにしていますが、また皆さんとお婆さん達の面白いことを共有できればなと思います。

 ではでは、いよいよ金曜日は最後のコラムとなりますが、元気担当のはるなさんは絶対みなさんを裏切らないので、楽しみにしましょう♡

【第13回】「あこがれの街」と「住みたい街」

こんにちはこんばんは、またはおはようございます。
今回のみやもーどは仲居がお送りします。


テーマの「私の東京」なんですが、これまでの更新で書こうとしてた場所ほとんど使われちゃってるんですよねー。
多少かぶってますが、多目にみてくださいv

茨城出身の私は東京好きな母の影響もあり、小さい頃からちょくちょく東京に遊びに来ていました。
その時の玄関口は常磐線の終点・上野。
動物園と美術館、博物館のイメージが強くて、実際よく足を運んだのもそこでした。
あとはアメ横。ニュースで見たままの世界が広がっていて(つまりは人ばっかりで)かなり怖かったのを覚えています。
高校生になって友達と行き始めた渋谷や池袋も、テレビや雑誌から想像していたイメージ通り。
茨城からたまに遊びにくる東京は、普段テレビで見ている世界を再現しているようなものでした。

大学生活が始まり東京で一人暮らしを始めてからも、私の中に作られた「東京」というイメージはさほど変わらず。
人や高いビルがたくさんあってごちゃごちゃしている。
電車も本数が多くて、人がせかせか歩いていく。
遅くまで店が開いている便利な場所。
大きな公園もあって、比較的緑も多い都会の街。

ただ1つだけ、イメージと現実が重ならない場所がありました。
それが、吉祥寺です。

住みたい街ランキングやらおしゃれな街ランキングやら、もはや殿堂入りしてもいいのではないかというほど上位にいる街です。
私はそこで一年の頃からアルバイトをしています(写真はバイト先から撮りました)。
塾の先生なんて仕事柄、通常週3、講習中にもなれば週6は当たり前なんてペースで出勤しているのですが、3年間通い続けて思ったことがあります。

それは、「吉祥寺には住みたくない」ということです。

こういうと吉祥寺に住んでいらっしゃる方や、吉祥寺に憧れを持っている人に語弊を招きそうなのですが、別に吉祥寺が嫌いなわけじゃないんです。むしろ大好きです。
ただ、住みたくはない。
雑誌やテレビで見ると「大きいデパートが多くて、ショッピングに行ける」「おしゃれなカフェが多い」「井の頭公園で森林浴ができる」などなど、とても魅力的な単語が並んでいます。これも確かに、その通りなんです。私もそんなイメージを持っていましたし、今でもそう思います。
でも、住まなくてもそれを楽しむことは出来ると気付いたんです。実際、休日ともなればそれぞれの場所にはたくさんの人が集まります。最近ではメディアに取り上げられることが増えたため、平日でも結構な人がいます。その中で、「ゆっくりすごすこと」は私にはできないと思いました。
吉祥寺に住まなくても、気が向いたときに足を運べる距離。それが私にとっての「住みたい街」だったんです。
アルバイトが忙しくなって吉祥寺に引っ越そうかと考えていた私でしたが、それに気づいてからは今住んでいるところから離れられなくなっちゃいました(ちなみに吉祥寺まで自転車で15分)
これからもアルバイトと大学生活の息抜きに、ちょっと足を延ばしてカフェランチ巡りするくらいがちょうどいいのです。
たくさんの人が「住みたい街」に挙げているからといって、それが自分にもあてはまるとは限らない。それが毎日のように吉祥寺に通っていてわかったことです。メディアのイメージってすごいなと思ったのもこれに気づいてからでした。実際に足を運ぶことはやっぱり大切なようです。
kitijouji
夜の吉祥寺は、なんやかんや怖かったりしますしねw

さてさて、今回のリレーコラムも残すところあと2回となりました。
なにやらゼミ内で風邪がはやっているらしく更新されてない記事もありますが、それはもう少しお待ちいただくとして^^
次回は留学生の王さんです。お楽しみにー♪

【第11回】 憧れの東京

こんにちは。第11回担当の土田です。
さて、「私の東京」というテーマでお送りするわけですが、僕にとって東京は憧れの場所であり、自分を変えてくれた場所でもありました。
浪人時代の話になりますが、僕の机の上には大量の参考書と共に一冊の本が置いてありました。それは、東京のガイドブックです。僕はそれほどできた人間ではないので、ストレスや、遊びたいという欲求で勉強が手に付かなくなるということがしょっちゅうありました。そんなとき僕はそのガイドブックに手を伸ばしました。東京にはたくさんの魅力的な場所があります。活気の中に少し危険な香りの漂う新宿歌舞伎町、オシャレなイメージの下北沢、ギャル好きな僕にはたまらないハーレムスポット渋谷、若者で賑わう原宿、高級感の溢れる銀座など。ぼくはガイドブックに出てくるそれらの情報を見ながら、
「東京の大学に行ったらエキサイティングな毎日が俺を待ってるんだ!!」
と気合いを入れ直し、再び机に向かうことができました。大学では勉強を頑張るというのは大前提として、プライベートもきっと充実したものになるはずと、僕の東京への想いは浪人時代の心の支えでもありました。

そして現在、おかげさまで僕は大学生活を謳歌しています。地元にいた頃はあまり外に出ることはなく、家でまったり過ごすということが主流だった僕の休日はすっかり変わりました。実際に東京の至る所に足を運び、その場所の雰囲気を味わうということはガイドブックを見て想いを馳せていた頃とは別の喜びと感動がありました。その心境が癖になり、面倒くさがりで引っ込み思案だった僕が、今となっては休みの日はほとんど外出しているアクティブで肉食系の男子に生まれ変わったのです!

そんな僕が今、一番欲しいのは…素敵な彼女です。
同じ景色でも、一人で見るのと二人で見るのとでは全く違ったものになると思います。一人で見る東京は十分に満喫したので、今度はぜひ二人で見る東京を。
というわけで僕は、昨年テレビや雑誌などで大きく取り上げられた縁結びの神様で有名な浅草の今戸神社に初詣に行ってきました。

今戸神社_convert_20110118234230

今戸神社にあるこちらの招き猫、写メを撮って携帯の待受けにすると恋愛運がアップするんだとか。言うまでもなく僕も待受けにしています。良く当たると噂のおみくじで今年の恋愛運をチェックし、お守りもゲットしました。あとは素敵な彼女との出会いを待つだけ、カモン・ナイスガールフレンド状態です。素敵な彼女と二人で憧れの東京を満喫できる日は近いはず。これからの展開に期待ですね。

では、次回もお楽しみに!!!

【第9回】コンサートの都、東京

 大分経ちましたが、あけましておめでとうございます。第9回担当者の権です。冬休みもあっという間に終わりましたね。悲しいのぅ…

 「私の東京」ですが、まずソウルの話を少ししたいと思います。僕の生まれ育った故郷は韓国でも結構な田舎でして(ぎりぎり‘市’ではあるんですが市内は歩いて横断できますし、すぐ畑畑の平野が現れます)、ちょっとした公演イベントや音楽番組の公開収録でもある日には市全体の学生達がそれを見ようと早退を図ったりしました。僕も滅多に見られない芸能人の顔をちょっとでも見ようとそうゆうイベントにはよく行きましたが、本当は中学の時からロックや映画音楽に夢中でした。しかしそんな田舎でロック・コンサートが行われることはまずなく、メタリカやレイジー・アゲンスト・ザ・マシンなどのコンサートがソウルで実現されたと聞いた高校時代には田舎に生まれた自分の運命を恨んだりもしました。

 時は流れ18歳になり、自由にソウルにも行けるようになって初めて見たコンサートは久石譲のコンサートでした。当時宮崎アニメと北野武映画にはまっていたのでこれは行かなくちゃ!と思い、ノープラン単独上京してむちゃくちゃ苦労した記憶があります。でもコンサートは最高でした(その時初めて日本に行ってみたいと思ったのかも知れません)。当時の僕にとってソウルはコンサートが自由に見られる憧れの場所でした。

 日本に来て感じたのは東京の公演文化がソウルのそれを遥かに越えているということでした。特に僕みたいな洋楽好きには本当にパラダイスと言えるほど、いい海外ミュージシャンがいっぱい来ます。例えば僕はもう15年近くフー・ファイターズの大ファンなんですが、韓国であんなに待ち望んでも1回も来てくれなかったくせに僕が日本に来たとたん日本でライヴをやりました…ちょっと腹立ちましたが‘遠慮せずに’行ってやりました!そのフー・ファイターズの2006年の来日コンサートが行われた場所が今はなき厚生年金会館と武道館でした。特に武道館は韓国にいる時から漫画などでよく目にする言葉でして、結構気になってた所だったので本当にいい思い出になりました(そんな自分がまさか武道館で入学式を受けることになるとはその時には夢にも思っていませんでした)。
0431f5-14655.jpg
入学式の日に撮った写真

 そして去年の夏サマーソニック・フェスティバルに初めて行ってきました。あんな大規模のフェスは経験したことがなかったので本当にビックリしました。不景気で例年より小規模だったという話を聞いて2度ビックリ!しかも会場は海浜幕張(まあまあここは東京ということで)、宿泊にお金を使いたくなかったので2日間電車通いで楽に見られました。フジロックもそうだし、世界最大級のフェスがこんなに身近な場所で見られる国は、保障します、世界中日本しかありません!

 他にも去年はミュージック・ステーションにオアシスやグリーン・デイなどが普通に出て普通に歌うのを見て驚愕しましたが、この間は朝の情報番組「スッキリ!」にジャミロクワイが出て宣伝ライヴを披露するのを見て眼球が半分飛び出しました。ちゃんとしたステージもなかったのに…ちなみにジャミロクワイも僕が日本に来るまで韓国に来たことありません(怒)。
*ジャミロクワイは2008年ついにソウルで初コンサートを行ったらしいです(怒怒)。

 僕にとって東京はまさにコンサートの都ですが、東京は音楽以外にも様々な公演文化が世界最高レベルに達している場所です。以前、高山宏先生は授業で、東京ほど世界の美術作品が集まる場所はないと言ったことがあります。東京の人たちはオランダの人よりフェルメールの作品を見られていると…東京のみなさんは本当に恵まれています。是非いろんな展覧会、コンサート行ってみてください!
*余談ですが1月にスティングのコンサートがあります。僕はこの間パソコンが寿命を向かえ、その買い替えで多大な打撃を受けたため行けなくなりました。まだ間に合うと思うので誰か僕の代わりに行ってください~(涙)

 それでは次回も頑張ってください!楽しみにしています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。