スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第11回】新宿

こんにちは。
みやもーど第11回担当の土田(どだ)です。
暑い季節がやって参りましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回のお題は「新宿」ですね。
新宿っていうと今ではだいぶ慣れましたけど、東京に出てきたころなんかはカオスとしか言いようがなかったですね。最初は僕もめちゃくちゃ迷ったし、そのたびに案内してくれた駅員さんや警察の方が天使に見えました。
それが今となっては地元の友達に、
「東京遊びに来たらいくらでも案内してやるぜ!」
とか偉そうなこと言っちゃうんですから、驚きですね。

ところで、新宿といったらやっぱり歌舞伎町でしょう。あの活気あるお店と人の流れ、そして少し危険な香りのする大人の世界は、みなさん1度は憧れるものではないでしょうか。「龍が如く」という僕の大好きなゲームも歌舞伎町が舞台のモデルになっているんですよ。
そして、僕も歌舞伎町にまつわるエピソードが多々あります。

IMG_1266_convert_20100729074951.jpg

実は歌舞伎町は僕が大学に入って初めて女の子とデートした場所なんです。
おしゃれなバーで見つめ合う二人。
(ちなみに僕は浪人してたんで当時すでに20歳でした)

僕:休みの日は何してるの?
女:買い物とか行くよ。
僕:友達と?
女:う~ん、彼氏とが多いかな(^ω^)
僕:そっか・・・って、彼氏いるの???
女:あれ?言ってなかったっけ?
僕:( ;ω;)うっうっ
歌舞伎町のネオンの中、もう恋なんてしないと誓った大学1年生の夏。
あれからもう2年の月日が経ちました。

話は変わって大学2年生の春、サークルの新歓イベントを歌舞伎町のボーリング場で行いました。やっぱり人と人との出会いって第一印象が大切ですよね。僕は初めて会う新入生の女の子にかっこいいところを見せようと、みんなには内緒で前日にボーリング場に行きカーブの猛特訓をしてたんですよ。そしていよいよ当日。そこにはカーブで華麗にストライクを取る僕の姿とそれを見て目をハートにする新入生の女の子たちが・・・ということはなく、ひどい筋肉痛でカーブどころか普通のまっすぐもろくに投げられない不甲斐ない僕がいましたとさ。

さて、新宿は人の流れが非常に多いことで有名です。駅の一日の平均乗降者数は346万人と世界一であり、周辺の繁華街も人で溢れています。その絶えることのない人ごみと新宿独自の洗練された大人の世界を好きな人と二人寄り添い歩くことで、互いの存在を確かめ合うことができ、「自分は一人じゃないんだ」という安心感を得ることができるでしょう。それによって二人の愛がより一層深まり、お互いを思いやる気持ちを養うことができるのではないでしょうか。

というわけで、いろいろ書いてきましたが改めて思ったこと。そろそろ彼女が欲しい!!!
新宿にはショッピングを楽しめるお店や、のんびり話せる喫茶店、夜景のきれいなレストランなどがたくさんあり、デートするにはもってこいの場所です。
ただ・・・一緒に行く女の子がいないんです。
今年の夏こそは素敵な彼女をゲットしてやるぜ!(1138字)

読者のみなさんの中にも、夏は燃えるような恋がしたい!
という方は多いのではないでしょうか?
というわけで、次回のお題は・・・
「恋愛」でお願いします。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。