スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第14回】故郷への想い

みなさん、こんにちは。第14回担当の土田です。東日本大震災についてゼミ生みんながそれぞれ記事を書いてまいりましたが、今回が最終回になります。いつも女の子のことばかり考えている私ですが、今回は少々まじめな話をしようと思います。

私が生まれ育ったのは福島県双葉町、原発のある町です。海あり山あり、美しい自然に囲まれた大変住みやすい町でした。住民同士の仲も良く、東京では全く考えられないことですが、道ですれ違う人には全員にあいさつをするのが当たり前でした。現在の社交的で温和な自分は、双葉町の環境が作り上げたと言っても過言ではありません。そんな双葉町が、3月11日以降、大きく変わってしましました。

みなさんもご存じの通り、地震や津波の影響で福島の原発は大変な事故に見舞われました。双葉町の住民にも震災の翌日には避難指示が出て、原発からだいぶ離れた町へ一斉に避難することになりました。しかし日々悪化する原発の様子を見て、避難所の住民からは不安と怒りの声が出ていたそうです。私自身も福島にいる家族や友人が心配で食事がのどを通らない日々が数日続きました。その後、双葉町の住民は埼玉県でお世話になることになり、私の家族は姉の住む千葉県に落ち着くことになりました。

私が震災後、初めて双葉町の様子を知ることができたのは、ある動画投稿サイトにアップされた映像がきっかけでした。そこには倒壊した家や陥没した道路など地震の被害を物語る双葉町の様子が痛々しく映し出されていました。そして、目に見えない放射能で汚染され、いつ帰れるかもわからないゴーストタウンと化してしまった双葉町を見て、胸が締め付けられるような思いでした。

GW明けから避難区域の一時帰宅が始まりました。テレビなどでその様子を見られた方も多いと思います。一時帰宅の様子を見てふと思ったのですが、どうして自分の家に帰るだけなのに防護服やマスクをしなければならないのでしょうか。地震が起こるまでは普通に暮らしていたのに、今では政府の許可と放射能への対策がなければ近づくこともできません。5月10日は私が大好きだった曾祖父の命日でした。しかし、仏壇にお線香を供えることもできず、唯一できたのは東京から手を合わせて祈ることだけでした。

みなさんも「失ってからその大切さに気付く」という言葉をよく耳にするかもしれませんが、僕は今まさにその状況です。当たり前のように帰ることができた故郷は、はるか遠い存在になってしまいました。次の言葉は、自分自身とブログを読んでくださったみなさまに宛てたメッセージです。
「現在、自分が関わっている全ての人やモノを大切にし、感謝の気持ちと愛する心を忘れないでほしい。今存在しているものが明日存在しているとは限らないのだから。」

少し暗い感じのブログになってしまいましたが、いつまでも落ち込んでいるわけにはいきません。震災によって大きな被害を受けた日本の復興を担っていくのはこれから社会に出ていく自分たちの世代です。いつか胸を張って愛する双葉町に帰れることを信じて、今の自分にできることを精一杯頑張りたいと思います!
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。