FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて

インターネットをご覧のみなさま、こんにちは。あるいはまた、こんばんは。そしておはようございます。

この春から、明治大学国際日本学部で、漫画史などを教えております、宮本大人です。

このブログは、メディアとポピュラーカルチャー/サブカルチャーの関わりを考える私のゼミの3年生による、リレーコラムを連載するものです。

2008年度に開設された国際日本学部は、ちょうど今年、1期生が3年生になりました。

当学部では、2年生向けの基礎的なゼミとして「演習2A・2B」、3・4年次に連続して履修する本格的なゼミとして、「演習3A・3B」、「演習4A・4B」が開設されています。

私のゼミだけでなく、「国際日本学部のゼミ」自体、この春、本格始動したというわけです。

そんな中、「メディアとポピュラーカルチャー/サブカルチャーの関わりを考える」ゼミとしては、インターネット上で、学生たち自身による表現を発信していくことも、実践的な演習の一環として位置付けることができるのではないかと考えました。

とはいえ、ゼミ生によるコラムをブログで発信、という実践自体は、すでに前例がいくつもあるようです。

私の知る限りでも、昨年度、この学部の「演習2A・2B」で中野香織先生のゼミが試みられていましたし、私の知り合いの茨城大学の高野光平さんのゼミも、つい先日、毎日更新という驚異的な試みを始められています

そこでこのブログでは、いくつかの条件を設けてみました。それが面白さにつながればと思っています。

1)800字以上1200字以内、という字数制限
 字数を気にせずつれづれなるままに書けるのがブログの魅力ですが、あえて限られた字数の中で、どれだけのことが書けるか試してもらおうというわけです。

2)コラムの内容に関係する写真を、自分で撮って1点載せる
 自分で撮る、のもさることながら、どんな内容であっても1点載せる(ゼロでも2点以上でもダメ)、というところが、案外難しいかなと。

3)コラムの中のトピックから次の回の「お題」を決める
 自分の好きなことを書けるわけではなく、前回の担当者に振られた「お題」で書かなければならず、しかもそのお題がわかるのは、1週間前、というところがどきどきします。そしてまた、次のお題をどう振っていくか、も考えどころです。
 ちなみにこの方式は、『テレビブロス』で笑い飯のお二人が交互に連載している「へが出るコラム」を真似させてもらいました。ありがとうございます。今年のM-1も楽しみにしています。


というわけで、今週から、原則として毎週木曜日の午前中に、更新されていく予定です。

「演習3A・3B」(3Aが1学期の科目名、3Bが2学期の科目名です)の履修者は、総勢17名。

夏休みを2週ほどいただく予定ですので、17名が一巡するころには9月の下旬になっていますが、いずれ劣らぬ個性的な面々が、どんな表現を見せてくれるか、どんなお題を振り合ってくれるか、私自身、楽しみにしています。

このブログが、みなさまの、1週間のちょっとした楽しみの一つになってくれれば、幸いです。


最初のお題は、

「カメラ」

です。 (ミヤモト)


スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。