スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色とりどりの“縁”

こんにちは、ゼミ長の仲居です。
文才溢れる副ゼミ長・水野くんからプレッシャーたっぷりなアンカーバトンを渡されたような気がしてなりませんが(笑)、とりあえず、私は私らしくいこうと思います。
きっと、いや、確実に長くなりますが、しばしお付き合いください。

「大学生活を振り返って」という最後のテーマで最後の更新担当。何について書けばいいのか、どんなふうにまとめればいいのか、最後の締め方どうしようetc... 最後のゼミからここ2か月ほどずっと考えていたのですが、結局まとまらず。
そんな中、目に留まったのは引っ越しの時に出てきた4年分の手帳たち。
私だけかもしれないですけど、手帳って読み返すとすごく面白くて、当時の感覚まで蘇ってくるような感じがするんです。
原点に戻るのときっかけ探しを兼ねて、その手帳たちをぱらぱらとめくってみることにしました。

大半を占めていたのはグリーンで書かれた予定。
これはいくつか掛け持ちしていたアルバイトに関するもの。
仕事を始めて数か月で泊りがけの研修に1人で行かされたり、新人研修を手伝ったり、その他いろいろ経験させてもらった塾でのアルバイト。海岸沿いにある大きなテレビ局で、真夏の早朝から夜までチケット販売で声を張ったイベントバイト。他にも試験監督やインターネットカフェなど、結構な時間をアルバイトに充てていたようです。
思い返してみれば、1年の英語クラスの友人には「さすがにバイトしすぎだよ!」とかるくキレられ、親からは「学生はアルバイトがメインじゃないんだからね!」としょっちゅう怒られ、バイトの先輩からも「いいから仲居くんはちゃんと学校に行きなさい!」とよく言われていたような気がします。
正直なところ、こうやって振り返ってみるまでそれほど多くの時間を使っていたという自覚はありませんでした。
塾で小中高生と学校や将来の夢の話をする時間、アルバイト先の先輩方とご飯に行く時間、イベントに来る様々な地方や国の人たちと窓越しでコミュニケーションする時間、大歓声のステージの裏側を垣間見る時間。数分間から数年間まで、かかわる時間や深さに差はあったけれど、どれも少なからずわくわくする時間でした。
もちろんアルバイトなので仕事をすることが第一なわけですが、私にとってはそれよりもたくさんの人と出会う楽しさのほうが大きかったように思います。それほど楽しい時間と同化しているからこそ、アルバイトばかりしていたという感覚が今でもわかないのかもしれません。

次に多かったのは、オレンジの予定。
これは大学に関わること。ただし、授業以外。
まだ存在すらしていなかった和太鼓サークルの立ち上げに関わって奮闘していた1年生の頃。結局立ち上げを見届けたあたりで私はやめてしまったけれど、それでも去年、招待してもらったアカデミーコモンでの公演の時はこれほどすごい団体になったんだと思い、とても感慨深かったです。
2年生の夏からは文プロ(現MSP)の制作班に入ってほとんど国日生のいない中で走り回っていました。これまでになかった予約方式を提案したおかげでほとんど徹夜状態、公演期間は毎朝レッドブルで乾杯なんてクレイジーな日々を過ごし、最後にはいろいろあって結構な大騒ぎをして「二度とやるものか」と思ったけど、結局こことはなんやかんやで2年間(翻訳いれたらもう少し長いかな?)お付き合いがありました。
本格的にゼミが始まった3年生。第一回ゼミ長会議でゼミナール協議会の立ち上げにかかわり、そのままイベント企画、次期委員採用まで初代執行委員というたいそうな肩書を背負っていました。最後だしここだから書きますけど、ゼミ協委員になった理由は他のメンバーほど熱い気持ちがあったわけではなくて、自分のゼミが関わる団体ならたとえちょっとした規約の一文であってもせっかく関われる状況なのに自分が知らないところで決まっていくのはいやだなーこわいなーというなんとも自分勝手な理由が根本です(これはゼミ協メンバーにも言ってない気がするぞ?大丈夫かな?笑)。だから枠組み作るのに立候補したらそのまま委員になっていましたというのが正しい流れ。ただそのおかげで、それまで他学部≧国日生だった私の大学での変に偏った友人関係が他学部<国日生になったのは嬉しい誤算でした。それまでの私、いったい何学部だったのと言いたいくらいです。
4年生の時はほとんどのオレンジが卒論関係でした。国会図書館の開館時間やら文献のメモやら、メモ魔な私は何でもかんでも書くのでそれはもういろんなところにオレンジオレンジ。「大河内さん!」という謎なメモまでありました。きっと疲れていたんだと思います。DVDの見すぎです。

こうやって書くと、けっこう大学にいたみたいですね、私。正直こっちもあんまり自覚していなかったです。
たぶん、昔から目の前にあるものに集中するとほかに目がいかないタイプだったので、何かがひとつ終わるたびに新しく現れるモノに興味を移しているうちにあっという間に4年間がたってしまったと言ったほうが正しいのかもしれません。
でも決して、ひとつひとつをすっかり忘れてしまっているというわけでもありません。
やりきったことも中途半端になってしまったことも、大変だったことも楽しかったことも、それぞれその時の自分の精一杯が出した結果だからこそ、なにかしらの納得ができる形として先に進めているんだと私は思っています。そこで得られたものはきっと、わざわざ思い出そうとしなくても自分の中に残っているものなのではないかなぁ、なんて。

その得られたものの中で、唯一手帳からも読み取れるもの。
それが友達との楽しい予定の数々です。
飲み会もランチも、映画もショッピングも、ディズニーランドも旅行も、どこに行こうが誰と行こうが他の誰かとの予定は全部ピンクのインクなのですが、他の色に比べて、この色だけは毎年着実に増えていました。また、その数だけではなく、一緒に書いてあるメンバーが年々バラエティー豊かになっていくのもとても印象的です。高校や中学の友達が多かった頃から始まり、英語クラスの友達、アルバイトの宿泊研修で知り合った仲間、アルバイト先の先輩方や社員さん、文プロプロデュースィングチームのみんな、アルバイト先の同期と後輩、ゼミ協執行部のみんな、先輩に連れて行ってもらったバーの常連のみなさん。基本的に飲み会は断らない子なので挙げるとキリがないですが、そんな中でも群を抜いて多かったのが、この宮本ゼミ1期生のみんなの名前でした。
後半2年間(そもそも授業は週1回)しか一緒にいなかったなんて信じられないくらい、それはもう結構な頻度で私はゼミ生のみんなに会っていたようです。

様々なアルバイトをして、いろいろな団体に所属してきた4年間。
それぞれに楽しい時間や嬉しい出来事があって、ひとつひとつが大切な思い出ですが、その中でも、たくさんの人から「宮本ゼミは本当に仲が良いよね」と言われることが、私のこの大学生活の中で一番しあわせな瞬間でした。これ、大袈裟じゃないですからね?言ってくれればもれなく私しあわせになりますv
驚かれたり羨ましがられたり、たまーにちょっと気持ち悪がられたり(笑)と反応はさまざまですが、それでも「そこまで仲が良いのはすごいね」と言われるたびに、もっともっとゼミのことを話したくなるくらい、この宮本ゼミにいること、宮本先生とこのメンバーで学生生活最後の2年間を過ごせたことは私の自慢です。

もともとさまざまな色が混ざっていた私の大学生活が、さらに個性的で楽しく、そしてなにより暖かくまとまったのは、どんな色でも殺すことなく受け止めてくれる宮本先生とゼミ生のみんなに出会えたからだと思います。
ゼミ長としての役割が果たせていたかどうかはいまだに謎ですが、震災も卒論も乗り越えて今ここにいられることが私はとてもしあわせです。
これから先の手帳にも、みんなの名前がたくさんたくさん書いてあるといいなぁ。

4年間のたくさんの出会いとすごした時間、
そして、宮本ゼミにかかわったすべてのみなさんにありったけの感謝をこめて。

ありがとうございました!
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。