スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回 誤解

こんにちは☆
みやもーど第9回担当のいしとです。
あっというまに9回にもなったんですねぇ。
***

さて今回のお題は「誤解」ですね。
誤解っていうと、対象は人であることが多いような気がします。
誰かのことをやなやつだと誤解していたけどやっぱり違った、みたいな。
その逆もありますね、ちょっといやだけど・・・(笑)。
最初、「勘違い」とどう違うんだろう、と考えたのですが、
「勘違い」は人が対象ではない場合が多いのかな。
いや重さが違うのかな。
ニュアンスは違う感じがしますが、実際どう違うのかって難しいですね。
ぱっと思いついた私の「勘違い」は
「○○駅で各駅停車に連絡します」
「△△駅で急行との待ち合わせをします」という車内放送。
いまさらとても恥ずかしいですが、高校生くらいまでかな?
本当に車掌さん同士が無線などで連絡を取り合ったり
電車と電車が向かい合わせに走ってきて『待ち合わせ』する図を頭に描いてました;;
これはただの「勘違い」です;

さてちょっとそれましたが「誤解」に話をもどすと
アニメとかドラマのストーリーって、誤解が発端になっていること多いな
って思うんです。
特にラブストーリーだと、最初はいやな印象を持っていた相手に恋してしまったり、なんて展開ありますよね。
しかも観ているこっちとしては
“この人ほんとはめっちゃあの人のこと好きなのに!”
みたいにもどかしく思ったりするわけです。
でもだからこそ、その誤解が解けていく過程を観るのが楽しくなるのかななんて思います。
P1040036_convert_20100715125319.jpg
つい最近、金曜ロードショーでジブリの「耳をすませば」放送してました。
はじめに主人公の雫ちゃんが聖司くんに持つイメージって
セリフにもある通り「やなやつ!!」ですね。
「やなやつやなやつやなやつ!!」
と雫が言っているシーンが私はすごく印象に残っていますが
ここまで「やなやつ」と思っていた彼のことを、ちゃんとわかっていくうちに好きになるんです。
素敵な物語だなぁとしみじみ(^v^)
ドラマでもこういう展開って結構ありますよね。
私はドラマ大好きなので、そんな風に考えてみるといろいろ思いつきます。

さてここまでフィクションの中でのお話をしてきましたが、現実はどうでしょう。
私が高校生の時いちばん仲の良かった友達の話。
高2で同じクラスになり、スポーツ万能、嫌なものは嫌!とはっきり言うタイプの子で、最初ちょっと怖かったんです;
でも体育祭の準備の時一緒に作業することがあって、その子のしっかりしたところ、優しさにたくさん助けられて、そしたらいいところたくさん見えてきて、あっという間に仲良くなりました。
今ではそのハッキリ言うところも私にとってはその子の魅力です。

恋愛に限らず友達や家族との間にも誤解って生まれますよね。仕方ないことかもしれません。
でもマイナスイメージの誤解が解けるときって、相手へのイメージは思わぬほど良くなったりするものです。
まあ誤解しないしされないし、が一番なのかもしれませんが、
意外にも素敵な発見が待っていることもあるのかも?(1189字)

***
さて次回のテーマですが、
『待ち合わせ』にしたいと思います。
ではまた次回お楽しみに(^^)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。