FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第17回】デッカイ

こんにちは、みやもーどの記念すべきトリを飾らせていただきます樋口と言います。今回のお題は「でっかい」。ある意味、私にぴったりのお題です。

私と「でっかい」との関係は深く、そして長いです。と、言うのも私の下の名前は「りゅうた」と言い、漢字で書くと「竜大」。よく「竜」に「太」と間違われて書かれますが、「竜」に、大きいの「大」と書いて「りゅうた」と読みます。そしてこの「竜大」という名前は「竜のように大きく育って欲しい」という願いを込めて、両親からつけられました。

CA3F0079_convert_20100923145204.jpg


そんな身の程知らずかつ、期待過剰な名前を付けられて生まれ育つこと22年と4カ月。たぶん、「竜大」という名前がプレッシャーだったのでしょう、私の身長は163cmというかなり低いところで止まってしまい、親の願いや期待を見事なまでに裏切り私はデッカクなりませんでした。竜、というより水族館のタツノオトシゴです。「名は体を表す」という言葉がありますが、まさに私はその逆の「名前負け」。見事なまでの負けっぷりに、自分でも惚れ惚れします。

そして今でこそ自分の身長にあまり関心がなくなり低いことも気にならなくなってきたのですが、一昔前の私はこの「名前負け」がとてもコンプレックスで、中学2年の時に背を伸ばそうと色々な試みをしました。

基本である牛乳は毎日浴びるように飲み、亜鉛が背を伸ばすと聞けばDHCのサプリメントを買い、むさぼりました。また、ちょうどその頃に「飲めばグングン背が伸びる!」というキャッチフレーズで「セノビー」というカルピスのような飲み物が発売されましたが、その広告に踊らされ「セノビー」をオカンにねだって大量購入&がぶ飲みしました。しかし、ある時そんな私の(無駄な)努力を見ていたオヤジ(165cm)が「俺が小さいせいでリュウ(私のことです)も小さいんだな・・・」とつぶやくようにオカンにもらしたらしく、そのことをオカンから聞いた私は何だか悲しい気持ちになって、それから背を伸ばす努力をやめました。

「大きいことはいいことだ」という言葉があるように、何事も小さいよりも大きいことの方が良いという風潮があります。しかし今は「デッカイ」よりも「小さい」が流行っているのです。パソコンや、ゲーム機、そしてiPODなどの携帯音楽プレーヤーは年々小さくなり、爆発的に人気が出ています。小さくて高機能、これが今の流行りなのです。

「チビ!」というのは背の小さい者に向けて言われるトップ・オブ・ザ・悪口ですが、今ではこの「チビ」が良いとされ、呼び方も「チビ」から「ナノ」と、どこかカッコよくなっています。
「チビ」ではなく「ナノ」。デッカイことは良いことですが、小さいことも良いことなのです。私もiPODにあやかって、小さいながらも高機能な人間になりたいモノです。
            (1140文字)

次回より今年の夏にゼミのみんなで行った旅行の「ゼミ旅行記」が始まります。
来週は大阪編。では、お楽しみに!
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。