FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第1回】テレビと震災

お久しぶりです。昨日5/2から学校も始まり、新生・宮本ゼミも始動します!!
と、いうわけで今日からまたブログ書いていきます。

今回のテーマは、ずばり「東日本大震災経験して」ってやつです。
昨日のゼミは、3~4人のグループに分かれての話し合い。3/11から現在までを振り、震災後の自分や家族、社会全体のことについて考えました。そこで話し合ったことを踏まえつつ、震災を経験して今それぞれが思うことについて書いていきます。

そして、トップバッターは私、須賀です

地震があったとき、私は浜松町で就活中。セミナー最中に揺れを感じたわけです。会場は43階建のビルの……1階でした。とはいえ相当の揺れ。ビルがしなってるのがわかりました。セミナー後はそのまま帰宅難民。電車の復旧を信じ、セミナーで一緒だった人と池袋を目指して歩くことに。歩き始めて1時間ほど、街頭テレビで津波が町を襲っている映像を見て、初めて事態の深刻知りました。

どうにかこうにか池袋に着いたものの、電車は終日運休。結局カラオケボックスへ。もちろん歌を歌うような気力が残っているはずもなく、ただただ部屋のテレビを見ていました。そして、津波に加えて火災や原発ニュースに呆然。ちなみに私のケータイは、歩き始めて早々に電池切れ。もう一人の子の電池も残り少ない状態でした。私たちは池袋までの地図を検索することを優先。なので、家族知人への連絡、みんなのつぶやきを見るといったことはしませんでした。つまり、地震があった日、私が利用したメディアは、テレビだけだったのです。振り返ってみると。

「テレビ」といえば、印象に残っているのは震災後に初めて見たバラエティ番組のこと。3/15に放送された「踊る!さんま御殿!」だったんですが。世の中が大変な時に不謹慎と考える人もいるかもしれませんが、私はバラエティ番組が戻ってくれて、かなり嬉しく思いました。人間は、不安な状況に陥ると、楽しいこと・面白いことに現実逃避したくなるというのはあることだと思います。古代ギリシャのアテネの喜劇文化も、アテネが衰退し社会不安が広がるのに伴い、花開いたらしいですよ。そこで、ビデオリサーチのHPで、週刊トップ10のバラエティ番組の平均視聴率を調べてみました。
2/28~3/6 →16.0%
3/7~3/13 →14.6%
3/14~3/20 →15.9%
3/21~3/27 →15.3%
3/28~4/3 →15.7%
結果はこのとおり、ほぼ横ばい。震災があった週の数字が若干低いですが、週末の人気番組が震災関連ニュースに変更されたことを考えれば、多少下がるのは当然かも。「横ばい→いつも以上に笑いがもとめられていたわけではない」と思う人もいると思います。でも逆に考えれば「そんな状況でも、人々は手堅くバラエティ番組を見ていた→横ばい」とも言えるかもですよ。あ、ちなみに私が見たさんま御殿は、週間6位にランクインしてました。

というわけで、このゼミのテーマが「メディア」ということもあり、私はまず、「テレビ」という切り口で震災のことを書いてみました。今回のブログは毎日更新です。今日から14日間、ノンストップで行きます!!




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。