スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第12回】嘘

水野です。第12回担当です。

私は震災で直接被害は受けていませんし、幸いにして親類等で被害を受けた人はほとんどいませんでした。
ですから未だに実感が湧かないところがあります。
震災関係の報道を見てもあまり感情移入できないので、他人からは非情な人間と思われるのかもしれません。

震災から2、3日の間、私は滅多に見ないテレビ(ワンセグですが)を一日中つけっぱなしにしていましたが、かといってテレビの情報に頼るわけでもなく、情報収集はインターネットで行っていました。
その頃テレビ、ネット問わず盛んに話題に上がっていたのが、原発の動向です。
ネット上では「大丈夫だ」「大丈夫じゃない」という煽り合いで盛り上がっていましたが、それはテレビでも同じことで、報道各局がそれぞれ独自に用意した原子力のスペシャリストが、あるチャンネルでは「大丈夫」、また別のチャンネルでは「大丈夫じゃない」と、ネットと同じ水掛け論を展開していました。

さて、何が真実なんでしょうか?

今回の震災では『嘘』がよくありますね。
関東大震災や阪神大震災などでもそういうデマの類はあったようですし、震災にはつきものなんでしょう。
三羽くんが騙されたようなデマのチェーンメールがありますが、今のご時世はチェーンメールよりツイッターで流れたデマの方がよほど拡散しているのでしょう。時代の流れを感じます。
厳密に言えば嘘とは違うかもしれませんが、東電や保安院といった原発の体制側はあまり真実を発表しているとは言い難いですね。結局メルトダウンしていることが判明した一号機や、海外向けのサイトにだけ掲載されている写真など。あんまりひどい情報が一気に溢れるとパニックになるってのはわかりますけども。

悪い嘘がある一方、いい嘘もありました。
@tokusatsuheroというアカウントのツイッターで、かつて特撮ヒーローを務めた俳優が被災地の方々に向けたメッセージを公開しています。
特撮ヒーローは架空の、言わば嘘の存在です。しかし嘘のヒーロー(って書くとなんかものすごく寂しい響きに聞こえますけど)からのメッセージで救われた被災地の方も少なからずいるんじゃないかと思います。
大いなる力には大いなる責任が伴うってことですね。

2ちゃんねるの開設者である西村博之さんの言葉に「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」というものがありますが、“掲示板”の部分は何にでも置き換わるんじゃないかと思います。特にツイッターなんか旬でいいんじゃないですか。
メディアは嘘を簡単に作れるのです。そもそも情報媒体である人間が嘘つきなんですから。だから自分にとって必要、不必要をしっかり判断して、情報の奔流に惑わされないようにしようと思うのです。

次の担当は岸本さんです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。