FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックボンボンが遺したモノ 増刊号

 どうも、水野です。すっかり寒くなりましたね。

 前回の担当記事にも書いたとおり、『コミックボンボンが遺したモノ~児童漫画誌の文化~』というテーマで研究を進めています。今回は、前回提示した<1995-1997>というキーワードに関して、もう少し掘り下げていきます。

 ボンボンに掲載された漫画作品の数々は、いわばボンボンの遺産です。
 その遺産が、ボンボン亡き後に息を吹き返したと言いますか、現在の市場に再び姿を現した例が何件かあります。それは大きく分けて「復刊・復刻」「続編展開」「玩具展開」の3パターンに分類できます(前回取り上げたロックマンXは復刊+玩具、メダロットは続編+玩具ですね)。そうやって近年蘇った作品の多くが、連載期間に1995年~1997年を含んでいるのです。今回の記事ではそういう作品をいくつか取り上げて紹介します。

・ロックマンメガミックス
 1997年増刊号にて連載された、ロックマンシリーズの設定を用いて作者の有賀ヒトシが独自のストーリーを展開した未完(当時)の作品です。2003年には復刊からの続編展開が見込まれたものの、商業的事情により頓挫しました。その後2009年に再復刊され、そのまま全編書き下ろしの新作「ギガミックス」が発売され、10年越しの完結にこぎ着けました。

・新SDガンダム外伝 鎧闘神戦記
 1996年連載。1989年から1996年にかけてバンダイからカードダスを中心に玩具やプラモデルなどでも展開された「SDガンダム外伝」シリーズの最終作です。本作のカードダスは、一年かけて全四弾構成で展開する予定だったものが第三弾で打ち切りとなってしまい、未完に終わってしまいました。しかし2007年より「SDガンダム外伝」シリーズのカードダスを順次復刻していたバンダイ・カードダス事業部が、2010年に「鎧闘神戦記」第一弾から第三弾に完全新規製作の第四弾を加えた復刻版を発売し、こちらも見事完結に至りました。

・ウルトラマン超闘士激伝
 1993年~1997年連載。バンダイから発売されていた同名のガシャポン玩具とのタイアップを主としたタイアップ・ホビーで、円谷プロダクションの特撮作品「ウルトラマン」に登場するヒーロー・ウルトラ戦士や怪獣が鎧を纏って武闘家として戦いを繰り広げる作品です。2009年に旧単行本では未収録だった話も含めた完全版単行本が刊行され、さらにその復刊に合わせるように、2010年9月に開催されたバンダイ・コレクターズ事業部主催のイベント「魂ネイション2010」にて、最新のウルトラ戦士「ウルトラマンゼロ」「ウルトラマンベリアル」を本作品のフォーマットでデザインした画稿やフィギュアの参考出展など、本作品の新たな展開を示唆する展示がなされました。

 前回今回合わせて計5作品を紹介したわけですが、さて、果たしてボンボンの読者は本当にオタクになったのでしょうか? その答えは卒論発表会で。

 冬コミの本も無事入稿完了し、先日製本したものが届きまして、私財をなげうって手間暇かけて作った甲斐があったものになりました。フルカラーオフセット100ページの重み(色んな意味で)はすごい。ボンボンを読んでいなければこの本を作ることもなかったので、22年間のモラトリアム人生の卒論といえます。あとは大学生としての卒論一直線です。

 次回もお楽しみに。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。