スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最高」な日

高校生の頃、後輩に誕生日を訊かれた事がありました。

3月15日だよ、と答えると、

「わぁ、それじゃ3、1、5で『最高』な日ですね」

毎年誕生日を迎える度に、この可愛らしい言葉を思い出します。

一年に一度の「最高」な日。
本日22歳になりました、新井です。

最後のゼミブログということで、今回は卒業にあたってというテーマで書き連ねようと思います。

高校3年の、部活を引退した直後くらいだったでしょうか、家に一通の封筒が届きました。

明治大学に国際日本学部という新しい学部が設立されるという案内書。

それまで某国立大学を視野に入れていた私は、その日からこの国際日本学部という学部の事が気になり、両親と話し合いを重ね、目標を変えることに決めました。

この案内が無ければ、今頃はもっと地味でつまらない大学生活を送っていたかと思うと、運命のようなものを感じてしまいます。

自分の好きな事を学問として学べる。
その魅力的な内容は、当時の私には本当に新鮮に感じられたのを思い出します。


私の大学生活は、エンターテイメントに明け暮れた4年間でした。

歌、ドラム、カホン、フルートをひたすら練習したサークル生活、

2000人の観客の前で1人スポットライトに当たりながらソロを歌ったミュージカル、

初めて経験したタンゴやサルサ、

憧れのジャズダンス、

一からダンスを作ったよさこい。

振り返れば、常に練習、練習、
練習。

いつも何かしらのパフォーマンスをしながら駆け抜けた学生生活だったように思います。

私は考える前に足が動いてしまうタイプ故、いろんな人に迷惑をかけ、いろんな失敗を経験しつつも、

自分なりにアクティブに、たくさんの事を経験し、その結果たくさんの出会いに恵まれる事が出来ました。

謝罪と共に、感謝でいっぱいです。
全ての出会いが、今の私を形作ってくれている。

この宮本ゼミナールも、素晴らしい出会いの一つでした。

正直辛くてやめようと思った事もあったけど、

ここで2年間を過ごす事が出来たら、成長出来る

そんな思いがずっと心にあったから、大変な事があっても、それこそ多大な迷惑をかけつつもこうやって最後まで頑張り抜く事が出来ました。

宮本先生、ゼミのみんな、

私みたいなちゃらんぽらんを最後まで応援してくれてありがとうございました。


何だか、別れが来るという実感がないですね。

卒業式に一気に寂しくなるパターンなのかな?

またいつか、明大前で他愛のない話や、下ネt…大人な恋愛トークでもしながら飲みましょう。

とてもとてもあっという間の、
とてもとても濃い素敵な時間でした。

私に関わってくれた全ての人、事に感謝。

本当にありがとうございました。

もうすぐ卒業!

こんばんは!
今日のゼミブログ、担当の石戸です。

国内海外と卒業旅行に行ったり、懐かしい友達に会ったり、風邪を引いたりしているうちに、なんだかあっという間に3月になってしまいました。
まだまだ東京は寒いだろうと思いつつ旅行先から帰国してみると、意外にも暖かくなっていて、確実に春が近づいているんだなあと感じる今日この頃です。あ、でも今日は寒かったですね;

さて、大学生活を振り返ってということで^^

非常に人見知り(こんなんで社会人になれるかな・・・)な私にとって、大学入学当初は、相当エネルギーを使うことばっかりでした。サークルの新歓、和泉キャンパスの人の多さ、必修の英語クラスでの授業(特にグループワークの多さ)・・・。今考えればいい思い出でも、その時は精一杯でした。まあ明大前の歩道橋とか明大マートの人混みには何年経っても慣れないですね笑

そんな中、大学生になったらバンドでボーカルをやりたいと高校生の時から思っていたこともあって、音楽サークルに入りました。自分の好きな歌を、好きなメンバーと好きなだけ演奏するのって、すごーくいいものです。上手い下手関係なく、スタジオで練習したりたまにライブに出てみたり、そんなゆるーく楽しい時間が、とってもいい思い出になってます。
あとの活動といえば留学やバイトなどなど・・・

3年生になる前にゼミを選択する段階で、私はほぼ迷うことなく宮本ゼミのゼミ試を受けようと決めました。単純に興味をもったのもありますが、卒論制作をきちんとやりたいと思ったのも大きな理由です。大学生として卒論書かないで卒業するのってなんかもったいないと思ったし、卒論を書くという行為自体になんとなく憧れていたというか。

実際には、4年で卒論にそこまで苦しむことになろうとは知る由もなかったわけです^^;

色んな苦労話は前回までの卒論日記などに書きましたが、とにかく卒論完成までの道のりが長かった!!なんかもう諦めてしまいたくなるような時期もあって。何度も先生に相談に乗ってもらっては悩み・・・を繰り返してました。

でも苦しい卒論執筆を乗り越える過程でゼミのみんなとの距離が一気に縮まりました。それぞれ自分の卒論のことで手一杯なのは同じなのに、だからこそ、お互いに相談に乗ったり、励まし合ったり、そんなことが自然と出来てたのかなって思います。
そんなみんなといる時間が本当に楽しくて居心地が良かったです♡

ほかにもゼミで学祭に参加したり、スポーツ大会に出たり、旅行したりと、ここに書ききれないくらいの幸せな思い出ができました!これまでのブログでみんなも書いているように、私も、宮本ゼミに入って本当に良かったと思っています。

卒業を前に、こんなふうに大学生活を振り返る機会を頂いたので、色々と思い返してみましたが、私の場合人に語れるような何かすごい活動をしたわけではなく、サークルやって、バイトして、遊んで、ゼミ以外の授業はそれなりに・・・と、そんな感じの大学生活でした。でも、ありふれた感じに聞こえがちですが、その中に、小さなことでも自分にとっての大きな変化につながったり、心が動いたりした経験はたくさんあります。

そんな私の大学生活での宝物は、間違いなく宮本先生とゼミのみんなとの出会いだと思っています。大袈裟じゃなくて、本当です^^

卒業したくないなー!と言っても仕方ないので、4月からの新しい生活に備えつつ、残り少ない学生生活を楽しみたいと思います!

最後に・・・宮本先生、たくさんのご指導本当にありがとうございました!ゼミのみんな、大好き♡

大学生活を振り返って

どうも、こんばんは!
3月8日(さんぱの日)に三羽くんに順番を譲りました、6回目担当の長南です。
今日は3月12日(月)です。ちょうど卒業式の26日まで2週間となりました。

月曜日というと今年度のゼミは月曜6限の時間に設けられていました。
春休み期間に入りただ卒業を待つばかり(卒論集関係の作業はありましたが)となりまして、もう学生じゃなくなるんだという想いが日々積ってきます。

実は普段から学校という場が好きな僕ですが、週一回のゼミの時間とその間にたまに出される課題をこなす時間はその気持ちをよりいっそう強くするものだったと思います。だから、もうゼミの教室で学ぶことやみんなの前で発表する(緊張するので苦手でしたが・・・)といった時間を味わえなくなるのは寂しいです。


大学生活を振り返ってみると様々なことが思い出されるものです。
大学での最初の授業はM先生のReadingでした。電車の遅れで一時間くらい遅刻してドキドキしながら教室に入ったことをよく覚えています。で、その次の時間がE先生のSpeakingで・・・、思い返してみると色々覚えていました。女子ばっかりの英語のクラスで、人見知りをする僕は、最初なかなか打ち解けることができなかったことも懐かしいです。

サークルにも入りました。2008年の新歓時期に色々回って、自主映画制作のサークルに入りました。途中、幽霊部員のようになりましたが後に一応役職にも就き、文化祭では最優秀教室企画賞を獲るなどの瞬間にも立ち会えたことは良かったと思います。
ただ、もちろん後悔していることだってあります。
普段は一見クール(笑)な僕ですが、実は入学当時は思い出すと恥ずかしいような大層な野望を抱いて入ってきたものでした。そういったことを実現できなかった不甲斐なさが残ってしまったことです…。もう卒業だって言うのに、制作できてない作品だってありますし…。

振り返ってみればそれ以外にも大学生活全般で後悔することもあります。あれをすればよかった、これをすればよかった、あの時ああしていれば、と思う部分もあります。もっと有意義な経験も4年間で出来ただろうと、振り返ってしまえば反省するところも見えてきます。

…自分でも暗くなってきたので、良いことも思い出してみるとそれはやはりゼミ選択で宮本ゼミを選んだことだと思います。大正解でした。
ここがゼミブログの場だからということではなく、心底そう思います。

ここで学んだ多くのことや行った様々な場所、良い経験ができたことは言うまでもありません。
それ以外にも居心地が良かったということが当たりでした。
普段は人見知りの根暗でオタク気質の僕でも親しみを感じられるゼミ生ばかり(みんなごめん)で、同種の安心感というかキャラクター性に富んでいるんだけど上手くまとまっている(?)ようなところはあったのだと思います。
みんなと知り合え共に学んだことは、僕の大学生活の中で中核を成す出来事でした。本当に良い時間でした。

まだまだ学生でいたいですが、大学で得た様々なことを活かしこれからの人生を歩んで行きたいです。思い出したい大切な思い出が出来たことに感謝したいと思います。


こんな感じで僕の日記を締めたいと思います。
どうもありがとうございました!!

大学生活を振り返って

こんばんは。ゼミブログ5日目の担当はここのところ旅行やら引っ越しやらでなにげに忙しい松田です。


そもそもなぜ僕が明治大学の国際日本学部に入ろうと思ったかと言いますと、ただ1期生という響きがよかったからです。そんな理由だけで学校・学部を選んだのかと思うと少し情けなくなりますが・・・。

こんな単純な理由のせいで僕は片道1時間30分かかる学校に通うことになりました。本当に1年生の最初の頃はこれがつらくてしょうがなかったですね。でも4年間続けた結果、満員電車に長時間乗る精神力がついたことや、池袋・新宿という大きな駅での乗り換えが、たいした苦痛ではなくなるといった成長があったと思います。
基本インドア派の人間なのですが、わざわざ埼玉県から東京まで通うことで高校生までの自分とは比べものにならないほど世界が広がったと思います。

次に大学生の自分が何に力を注いだのか考えてみると・・・基本バスケとバイトでした。もちろんまじめな子なので学校の授業にはほぼ無欠席でちゃんと出てましたよ。

でも力の入れ具合をその3つで考えると7:2:1くらいで圧倒的にバスケでしたね。高校生の頃はバスケ漬けだったから嫌いになりそうなくらいだったのに・・・なんだかんだ好きだったんですね。

僕は大学のサークルではやらず(遠かったからです)、地元で社会人の人達がやっているチームにいくつか参加していました。そこではもちろん自分と年の近い人もいましたが、自分より一回りやそれ以上年上の人や、そういう人のお子さんの中学生がいたりとかなり幅広い年齢の人達とバスケをやることができました。これまではだいたい自分と同じくらいの年の人としか交流がなかったのに、社会人チームでは年の離れた人達と交流できる。これは大学のサークルではあまり経験できないことだと思うし、仕事の話とか自分が知らないことをいろいろ聞くこともできました。バスケのことだけでなく、そういう自分と年の離れた人達とのコミュニケーションをとることができてそこでも自分の世界が広がったと思います。

ここまで書いてきて全く大学での生活には触れていないということに気がついたので、そろそろ書こうと思います。僕は高沢さんのようにあまり最初の授業の記憶とかはないんですが、1年生の頃は英語の必修の授業が多く大変だったというのは覚えています。その英語のクラスの人達とはずっと交流もあるし、とてもいい仲間を持つことができたと思います。2年生の頃のことはあまり印象に残っていないので、たぶんそれほど充実していなかったのでしょう。

3年生ではついに宮本ゼミに入ることになりましたが、人見知りな性格や多くの課題に手こずっていたため、なかなかゼミ生と仲良くなることができず、大学に自分の居場所がないように感じていました。

しかし4年生になるとようやくゼミ生とも1年を共に過ごしたためか、いつの間にかみんなと仲良くなれていたような気がします。みんなといる時間が本当に楽しくかんじるようになりました。ゼミ後の飲みやらキャンプやら球技大会(もっと出たかった・・・)やら学園祭やら今思うと夢のような時間だったと思います。いつの間にかこのゼミはとても居心地がいい場所になっていました。

またこのゼミでは仲間だけでなく、自分が大学生であったといえる自信を得ることができました。これまで大学生になってやってきた何よりも悩み、何よりも真剣に取り組んだものが卒論です。この卒論に取り組むにあたり、上記のような比率がだいぶ変わりました。4年の後期にしてバスケ:勉強(卒論):バイトが3:6:1くらいになりました。内容やできは考えないにしても、それくらい卒論には力を注いだつもりです。大学生らしいことをした唯一の証が卒論だと思います。もしこれほどまでに真剣に取り組まなかったら自分の大学生生活は何もなかったといっても過言ではないと思います。本当に大変だったけど最後までやり遂げることができてよかったです。

最後になりますが、

ゼミ生のみんな、仲良くしてくれてありがとう! とっても楽しかったよ! 

宮本先生、多々ご迷惑をおかけしましたが、最後まで面倒みてくれてありがとうございました! このゼミに入って本当によかったです! 

大学生になってグダグダ過ごす時間も多かった自分ですが、振り返ってみると、自分の世界が広がり、かけがえのない仲間や自信など多くのものを得ることができて決して無駄ではない4年間を過ごすことができたと思います。



という感じで終えてみましたがいかがでしょうか・・・。宮本ゼミ1期生最終ブログはまだまだ続きます。次回もお楽しみに!

大学4年間の宝

皆さん、こんばんわ。宮本ゼミ1期生最後のブログ『大学生活を振り返って』の4日目担当の三羽です。今日は3月8日です(すいません、3月9日になってしまいました)。38(さんぱ)の日です。これを書きたいがためだけに長南君とブログの更新の順番変えてもらいました。笑 


雪は毎年1m積もり、小学校の同級生は4人しかおらず、中学の野球部はギリギリ9人集まった、という風にまず第1に人がいなかった田舎を飛び出して、憧れの東京にやってきたのが4年前。リアルに友達1000人作ろうと考えていました。はてさて、私に友達1000人はできたのでしょうか?そんなこんなで、始まった私の大学生活ですが、この4年間を振り返ってみると、とてもじゃないが友達1000人作れるほどの行動力を自分が発揮したとはとても思えません。サークルには挫折し、初対面の子とはあまり話せず、今思っても「もっと積極的にいってもよかったんじゃない、自分」と反省しています。しかし、たとえ友達1000人作れなくても、出会えてよかったと思える友達は大学4年間の中で作れたと思います。


まずは1年生の英語のクラス。1年間ツライツライ英語の必修をともに乗り越えてきた奴らです。このクラスの友達とは未だに飲み会やら麻雀やらでよく集まります。就職活動で悩んだり、苦しかったりしたときもよく馬鹿騒ぎをしてストレス発散しました。大学生活の中で最も古い付き合いかもしれません。

次はアルバイト仲間。とある居酒屋でアルバイトをしている私は、同期でアルバイトを始めた仲間と今もよく遊んでいます。大学の友達とはまた違った感じがして、8日連続飲み歩いたり、人間は何時間起きていられるのだろうかという実験で100時間起き続けようとして50時間で眠ってしまったり。今考えるとバカです。


そして最後はやっぱり、宮本ゼミのみんなです。2年間しか一緒に宮本先生の下で学ぶことはできませんでしたが、卒論制作を一緒に乗り越えられたことは私にとっての一生の宝だと思います。仙台や九州へのゼミ旅行、風邪にだけは気をつけようと思ったキャンプ、居酒屋でのバカ騒ぎや王様ゲーム、突然バラードでゼミ長を口説き始めるカラオケなど、今思い出しても一人でニヤニヤしてしますことばかりです。先生やゼミのいろいろな人に迷惑をかけて、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、感謝の気持ちもいっぱいです。みなさん、2年間ありがとう。




最後になりますが、私が大学4年間を楽しく過ごせたのはやはり、周りの友達あってこそだと思います。人数はそんなにいないかもしれませんが、量より質、狭く深くです。これから進む道もバラバラ、出会う人もバラバラだと思いますが、大学4年間で手に入れた仲間はこれからも大切にしていきます。


だから、ゼミのみんなも私を見捨てないでね。大好きよ!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。